環境学習講座「ホタルの住む水辺を観察しよう」を開催しました

こんにちは,メイちゃんです!
7月15日(土)に環境学習講座「ホタルの住む水辺を観察しよう」を開催したよ。その様子を紹介するね。



 

 

 

講師の先生は後藤純子さんと道原僚さんです。
スライドを使い,クイズを交えながらホタルの種類や生態についてわかりやすく説明していただきました。
ホタルの種類は平成になって新種も増え50種ほど。その内,水中で生活するのは3種類,成虫で光る蛍はゲンジボタル(水性),ヘイケボタル(水性),ヒメボタル(陸生)の3種類なんだって。それぞれのエサ,生息地などの特徴について教えてもらったよ。

 

 

 

 


それから,ホタルの名所にしようとホタルの放流を行ったりしているところもあるけど,ほかの地域から持ってくることは移入となり問題になっていることや,ホタルが見られなくなっている原因として周辺環境の変化,水温の変化などがあることも教えてもらいました。人の手によってホタルが住みにくい環境になることは悲しいね。 
次に電球を点滅させる機器でホタルの光り方を観察したよ。ゲンジボタルには西日本型と東日本型があって,西日本型がリズムが早いんだって。 ホタルの種類や地域によって光り方に違いがあるのを体験することができたよ。

松園子ども自然観察園にバスで移動し,いよいよ観察!ホタルを邪魔しないように赤いセロハンを貼ってもらった懐中電灯で足元を照らしながら,観察園の水辺に下りるとすぐにホタルの光があちらこちらに!!私たちのすぐ近くを飛んでいるので手でやさしく捕まえたり,先生の網でそっとすくってじっくりと観察できたよ。座学で説明受けたとおり,オスメスの違いを実際に見ることができたよ!そして葉っぱの陰でそっと光っているカップルのホタルも先生が見せてくれたよ。
その後,北側のポイントへ移動すると,一面にホタルが飛び交っていました!!とっても幻想的な光景にみなさん感動だったね♪
盛岡近郊でこれほどのホタルを観察出来る場所があるんだね!一年のうちでこの時期にしか出会えない貴重な時間となったね!また来年も会えるように,この環境大切にしていきたいと思ったよ!
講師の後藤さん,道原さん,そしてご協力いただいた松園子ども自然観察園をきれいにする会の方々,本当にありがとうございました。
それではまたね~

コメントは受け付けていません。

」は盛岡市公式サイトへ移動します。