環境学習講座「シジュウカラをおうちに呼ぼう!巣箱作り」を開催しました

こんにちはメイちゃんです!
3月3日(土曜日)に盛岡市都南つどいの森で,環境学習講座「シジュウカラをおうちに呼ぼう!巣箱作り」を開催したよ!その様子を紹介するね♪
巣箱作りを教えてくれたのは,都南つどいの森職員の田代先生です。
使う木材は岩手県産の杉材です。
最初に手順を丁寧に教えてもらいました。今回はあらかじめカットしてもらった木材を釘で打ちつけるのですが,まずは釘を打ったことのある人もない人も打ち方の確認。
それから,釘を持つ手と金づちを持つ手,2つの手を使い,さらに屋根の部分や角になる板のところを3つ目の手で押さえたい!そんな時,手の役割になってくれる釘の打ち方を教えてもらいました。なるほど!と感心♪ボンドなどの接着剤は鳥さんが嫌うので使いませんよ~。

さあ,いよいよ参加者さんも組み立て開始です!
久しぶりに使う金づちにおっかなびっくりだったり,お子さんはおうちの方に支えてもらいながら,かわいらしくトントンしました。コツを掴むと打ちつけるのが楽しくなったね!でも,油断すると釘がだんだん曲がって外に飛び出したり,取り付け順序を間違えて,窓が開けられなくなったり・・・。でもその都度先生が助けてくれてなんとか完成!シジュウカラが気に入ってくれるといいな~。


製作のあとは環境部の職員さんからシジュウカラについての説明を受けたよ。これから暖かくなるとパートナーと一緒におうち探しをして,新しい家族を迎える準備をするんだって。シジュウカラが巣箱を使うのは,巣作りから巣立ちまでの1.5~2か月くらい。雪解けもすすみ,春ももうすぐ。今回作った巣箱にシジュウカラが来てくれるといいね♪


 

 


巣箱作りを教えてくださった田代先生ありがとうございました。参加者の皆さんもお疲れさまでした!それじゃあまたね~

コメントは受け付けていません。

」は盛岡市公式サイトへ移動します。