環境学習講座「森でおいしく学ぶ木質バイオマス!」を開催しました

こんにちは,メイちゃんです!
9月9日(土曜日)に外山森林公園において環境学習講座「スウェディッシュトーチ作り~森でおいしく学ぶおいしく木質バイオマス!」を開催したよ。その様子を紹介するね♪

 

 

 

 


講師の先生は木質バイオマス研究会の伊藤幸男(いとうさちお)先生です。お天気にも恵まれ,森の中で岩手の森林,林業,木質バイオマスエネルギーのお話を聞いたよ。
岩手県は森林面積全国2位で森林率は8割近くにもなり,樹種も全国的にはスギ・ヒノキが多いけど,岩手はカラマツ・アカマツが多く,広葉樹が6割を占めていて樹種が多様なのが特徴なんだって。さらに林業においては素材生産量が100万m3を超え,北海道,宮崎県に次いで第3位だそうです。木材生産においては,木の部位によって製材用・合板用・チップ(製紙)用などの需要先が有り,特にこの10年は合板用の生産が急増していて,ここ数年はバイオマス発電用も増加しているんだって。チップボイラーは効率もよく,熱利用と発電を併用できるものや湿ったままのチップをそのまま利用できるボイラーもあり,現在最も広く利用されているそうです。薪ストーブやペレットストーブも増えているんだって。ペレットはリグニンという木材に含まれている成分が熱によって固まる性質を利用して作られていて,水分が低く密度が高いので,薪の2倍の熱量があり自動投入が可能で使いやすく施設等で導入が進んでいるそうです。
最後に,木質バイオマスの地域経済効果について説明いただき,岩手県灯油年間総販売額は米の生産額を上回っていることを教えられてビックリ。石油に払うのではなく,山に払うことによって,更なる地域への経済効果が期待できるとして,講師の先生は「薪一本 の革命」とおっしゃっていたよ。


次に,木質バイオマスの楽しい利用方法として,「スウェディッシュトーチ」を体験してみたよ。外山森林公園の高橋さんと吉田さんに教わりながら,木を玉切りしてトーチの切り込みを入れる作業を見学し,実際に火をつけてみました。樹種や切り込みの数によって燃え方が違うことや燃焼時間が意外と長いこと,燃え尽きた後の様子も見て体験しました。沸かしたお湯で熊笹茶もいただきました。心も体もリフレッシュ♪枝に差して焼きマシュマロや空き缶を再利用してポップコーン,じゃがバターや焼きリンゴなどを楽しんでみたよ。火力もしっかりあって,様々な調理などに活用できそうだったね!これからのアウトドアには必須アイテムになりそう♪

 

 

 

 


午後は環境アドバイザーの木幡英雄(こはたひでお)先生を講師に「森の自然観察会」を楽しんだよ。 まずは植物の成り立ちについて,参加していた子どもたちに5色の風船を持ってもらって,二酸化炭素・ 水・光・酸素・ブドウ糖(有機物)の結びつきを分かりやすく説明してもらったよ。  
植物は葉緑体で光合成を行い,二酸化炭素と水,光エネルギーからブドウ糖(炭素化合物,植物の形になるもの)と酸素を作り出し,これを何億年も前から行ってきたんだって。また,植物はタンパク質を作ることができるけど,人間(動物)にはこれらの力が備わっていないので,食べることで炭素化合物やタンパク質を体に取り込んでいるんだね。「スウェディシュトーチを燃やすと,植物が自ら作って体にとどめてきた炭素化合物と酸素が結びつき,二酸化炭素と熱エネルギーが発生する。私たちはこの熱エネルギーを利用している。植物は人間にエネルギーの源を作ってくれているということになる。なお,人間の体で起こっていること(呼吸)も,炭素化合物と酸素から二酸化炭素と熱エネルギーが発生する反応なので,スウェディッシュトーチを燃やすこと(燃焼)と同じである」と教わったよ。なるほどね!お勉強になりました。

 

 

 

観察における留意点 ,森の中にいるもので一番事故が多いものはハチだけど,みなさんをわざわざ襲いたいんじゃないからじっとして危害を加えなければ大丈夫なんだって。観察のポイントは「触る」「近くで見る」「臭いをかぐ」など五感を使った観察を大事にしていきたいとおっしゃっていたよ。ただし触ってはいけないものとして,その場にあったウルシを例にヤマウルシとツタウルシ,それぞれの葉の特徴を教わったよ。また,葉っぱはどの場所から一枚の葉と数えられるか,様々な形状の葉を観察して教えてもらったよ。大きさや葉の数の違いから,植物の営みの中でどうやったら光を多く取り込むことができるか,どういう形だったら効率的に種を運んでもらえるか,それぞれの植物たちがどういった選択をしてこの形になっているか,その背景に色んな植物がいる事に想像を巡らせて欲しいとお話されたよ。        
じっくり観察したあとは大人チームと子どもチームに分かれ,近くにある植物を使って白い画用紙に色をつけて遊んだよ。植物によっていろんな色が出るんだね!  
一日中森で過ごして,自然からいただいている恵みが多いことを実感できたね。リフレッシュしながら,おいしく楽しくお勉強できたかな。講師の伊藤先生,木幡先生,外山森林公園の高橋さん,吉田さんありがとうざいました。参加いただいたみなさんもお疲れさまでした。
それじゃあまたね~

コメントは受け付けていません。

」は盛岡市公式サイトへ移動します。