環境学習講座「もりおかエネルギーパークツアーin秋の御所湖」を開催しました

こんにちは,メイちゃんです!
10月28日(土曜日)に盛岡市環境学習講座「もりおかエネルギーパークツアーin秋の御所湖」を開催したよ。その様子を紹介するね♪ 
「もりおかエネルギーパーク」についてはこちら



 

 

 

 

まずはじめに御所ダムを見学したよ。ダムの役割について,洪水調節,かんがい,水道,発電の4つがあることをお勉強したよ。また,平成25年の流域における集中豪雨の際のダムの様子を教えてもらい,ダムの役割の重要性を実感しました。

 

 

 

 


そのあとはダムの監査廊からダムの天端まで見学したよ。この日は行くことができなかったけどダムに隣接している発電所の建物も天端から見ることができたよ。監査廊は地下深くて,この時期は外気温と比べるとかなり寒く感じたし,地上に上がるまでの階段はちょっと大変だったけど, 天端に出てから紅葉に彩られた御所湖周辺の景色がきれいだったね。
ご案内いただいた御所ダム管理事務所の職員の皆様,ありがとうございました。

御所ダムを見学したあとはすぐ近くの盛岡手づくり村にて自由時間を過ごしたよ。南部せんべい作りや冷麺作りなど楽しみました。盛岡のおいしいものや工芸品の工房がたくさんあって,時間をかけて楽しみたい場所だったね!



 

 

 

 

おいしく楽しく休憩したあとはつなぎ温泉地域にあるつなぎ源泉公園に行きました。まずはバイナリー発電の見学。バイナリー発電とは地熱を利用した発電方法のひとつで,一般的なバイナリー発電は沸点の低い化学物質を沸騰させて発電しているけど,このつなぎバイナリー発電施設は,水を沸騰させているんだって。温泉熱による水バイナリー発電は,日本で唯一!水は100℃以上の熱じゃないと沸騰しないんだけど,気圧を下げることによって85℃の源泉でも沸騰するそうです。化学物質を媒体としていないので環境にも優しいね。現在は実証実験中で20kwでおよそ45世帯分の電力量になる予定なんだって。
つなぎ源泉公園では足湯や食品乾燥施設,地熱トマト栽培などを見学したよ。
つなぎ温泉地域地熱利用施設概要図

 

 

 

せっかくつなぎ温泉に来たので見学のあとはゆったり温泉タイム。日帰り入浴施設を利用したり足湯のはしごや周辺散策をして自由時間を過ごして頂きました。
お天気にも恵まれ,秋の御所湖周辺をお楽しみいただきながら再生可能エネルギーについて考えていただく機会となりました。参加いただいたみなさん,お疲れ様でした!それではまたね~

コメントは受け付けていません。

」は盛岡市公式サイトへ移動します。