環境学習講座「親子でエコクッキング!」を開催しました

こんにちは,メイちゃんです!
11月25日(土曜日)に環境学習講座「親子でエコクッキング!」を開催したよ。その様子を紹介するね♪
講師の先生は岩手県地球温暖化防止活動推進員の若生和江先生です。

 


 




この日のみなさんで作ってもらうメニューは
「豚汁」「かんたん漬け物」「ころころサラダ」だよ!
先生から調理工程の説明を聞いたあと,各テーブルで調理を開始したよ。お父さんお母さんに見守られながら包丁を使って切る作業を頑張ったね!ころころサラダに入れるサツマイモは硬いので蒸かしてからサイコロ状に切ってもらったよ。みなさん和気あいあいと楽しそうに調理していたね!



手があいた親子さんは「ウサギりんご」や「ほうれんそうのおひたし」「さつまんま」作りを進めたよ。加熱時間削減につながる先生お手製の鍋帽子を使って,鍋を包んで「ふろふき大根」も作ったよ。

ウサギりんごは切れ端の皮をパクっとつまみ食い♪ほうれんそうのおひたしは小束で茹でるひと手間でおいしく色良く仕上げる方法を教わりました。「さつまんま」はさつまいもとさつま揚げ,豚ももブロックを1センチ角に切って味付けて,炊き上がったご飯に混ぜ込むんだけど,とってもいい匂いでおなかがへっちゃったね♪




配膳もお子さんたちに張り切ってお手伝いしてもらいました。そのすきにおうちの方々は素早く洗いもの。
さあ!いよいよ試食です♪

先生から,地産地消,フードマイレージ,ゴミ削減,食品ロスなどのお話を聞いたよ。「買い物の時はリサイクルできる物をできるだけ選ぶけども,リサイクルするのにも工場に運んだり,その工場でもエネルギーが沢山使われる。できるだけ包装の少ないもの,詰め替えの出来るものを選ぶなど,元々のゴミになる量をへらすことも大切。みんなもやってると思うけど,マイバックやマイ箸など,みんながいいなと思うことがどんどん広がってきている。思ってるだけじゃなくて行動すると世の中がいい方に変わっていく。それから今日,たくさんの食材を切ったり混ぜたりして,ごはんを作る時の様子が分かったと思うけど,必要な分だけ買って食べきることがとても大事。食品ロスといって毎日1人当たりお茶碗1杯分の食べられる食材が捨てられている計算になる。岩手なりのエコというのは新鮮でおいしい食材だからこそ葉っぱも皮も余すとこなく食べきることができるということ。工夫しながら楽しんで生活に取り入れてもらいたい。」と話ししたよ。そして「今日はみんなよくがんばったね!とても感心しました。」とみなさんのことをほめていただきました。
地元の野菜をふんだんに使ったエコで体にもやさしいメニュー,とってもおいしかったね♪ご指導いただいた若生先生ありがとうございました。参加したみなさんお疲れさまでした。それじゃあ,またね~

コメントは受け付けていません。

」は盛岡市公式サイトへ移動します。