環境学習講座「生出湧水地においで!」を開催しました

こんにちは,メイちゃんです!
8月9日(水曜日)に環境学習講座「生出湧水地においで!」を開催したよ。その様子を紹介するね♪

ご案内いただいたのは生出地区まちづくりの会の櫻聖四郎さんです。櫻さんは普段からこの生出湧水地をお手入れしてくださったり,地域の魅力を発信しようと尽力なさっています。
早速出発!ユートランド姫神の脇の通路から看板に沿って進むと10分ほどで生出湧水地に到着したよ。
毎分45トン湧き出る湧口にて,湧水地の概要を説明してもらったよ。

 

岩手では八幡平の金沢清水が有名だけど,ここはそれを上回る毎分45トンの水量を誇るんだって。生出湧水の近くには小出湧水があり,小出湧水は上水道に出来るがこちらは硬度が高く,家庭での利用には向いていないんだって。洗濯では泡が出にくく,水垢が付きやすいとのこと。反対に農業や養殖には向いていて,植物が良く育つことなどを教えてもらったよ。だからユートランド姫神の産直には旬のおいしい農作物が沢山あるんだね!それから養殖場が近くにあり,チョウザメやマスなどを養殖しているんだって。   
ハス・スイレンは見ごろを迎えていたけど,今年は背丈が伸び花芽が少なかったんだって。管理が難しいんだね。それから湧水を飲んでみたよ。生出湧水地には何箇所か水源があって,数メートル違うだけでも硬度が違うんだって。硬水なのに飲みやすくて,冷たくておいしかった♪

 

 

 

 


散策路を歩くと,樹齢が約130年ほどの啄木と同い年くらいのシロヤナギが出迎えてくれたよ。少し進むとすぐにあちらこちらから水が湧き出ている様子が見られ,水草も青々として澄んだ水によく映え,幻想的な風景だったね。景色に感心しながらさらに進むと,この時期にしか見られないキツネノカミソリの群落が迎えてくれたよ。この辺はエンレイソウ,エビネラン,ミズキンバイなど,春から夏にかけてお花が沢山咲くんだって。足元にたくさんあったフッキソウは最も丈の低い樹木だということで,小さいながらも緑濃く力強さを感じました。

散策路を一周してから自由散策。思い思いに植物を観察したり,湧水を汲んだり,櫻さんに植物について伺ったりして過ごしたよ。
ユートランドに戻ってからは温泉休憩や産直コーナーを楽しみました。
この日は台風が近づいたためお天気が心配だったけど,雨風には当たらず,気持ちよく散策ができたね。ご案内いただいた櫻さん,ありがとうございました。ご参加いただいたみなさんお疲れ様でした。それではまたね~

コメントは受け付けていません。

」は盛岡市公式サイトへ移動します。